2×4工法 【つーばいふぉーこうほう】

断面寸法が主に2×4インチの木材で枠を組み、 それに合板を張って壁をつくっていく工法。「枠組壁工法」とも言われる。

用語集へ戻る